DANCE Archive

  • 12 / PLAN 8 / UNDECIDED 0

    ARTIST

    TITLE
    UNDECIDED

    プロトタイプ・ハウスとしてカッコいい、85年オーストラリア産80'Sシンセ・ポップ!

    オーストラリア産80’Sシンセ・ポップ〜ニューウェーヴ!悩ましいメロディーが妖しくダークなムード、ダビーかつハウシーにミックスした「(EXTENDED MIX)」が、プロトタイプ・ハウスとしてカッコいいです!歌をメインにフィーチャーした「(SECOND MIX)」もよい!オーストラリア・オリジナル盤!

    「(EXTENDED MIX)」/「(SECOND MIX)」


  • 12 / TEN CITY / THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX / UNDERGROUND MIX) 0

    ARTIST

    TITLE
    THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX / UNDERGROUND MIX)

    初期シカゴ・ハウス・クラシック!イントロの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーで耳に残る!プロモ盤!

    初期シカゴ・ハウスの重要ヴォーカル・グループTEN CITY、こちらは彼らの代表曲の一つであるシカゴ・ハウス・クラシック!イントロでの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーで耳に残る、STEVE “SILK” HURLEYによる「(DEEP HOUSE MIX/EXTENDED VERSION)」が最高です。こちらも古典であるTIMMY REGISFORDによる「(UNDERGROUND MIX/EXTENDED VERSION)」など、4ミックスを収録。プロモ盤。カンパニースリーヴ付き、U.S.ORIGINAL盤!

    「(DEEP HOUSE MIX/EXTENDED VERSION)」/「(UNDERGROUND MIX/EXTENDED VERSION)」


  • 12 / HAYWIRE / KEEP HOLDING ON 0

    ARTIST

    TITLE
    KEEP HOLDING ON

    マイナーなUK産アーリー90'Sヴォーカル・ハウス!スペイシーかつメロウな響きのシンセ使いが気持ちいいです!

    マイナーなUK産アーリー90’Sヴォーカル・ハウス!スペイシーかつメロウな響きのシンセ使いが気持ちいいです!CLUB MIXも収録。おそらくこのプロモ12インチのみと思われます。U.K.ORIGINAL盤!

    「KEEP HOLDING ON」


  • 12 / JOSE FELICIANO / NEVER GONNA CHANGE / IBIZA 0

    ARTIST

    TITLE
    NEVER GONNA CHANGE / IBIZA

    RICK ASTLEY「NEVER GONNA GIVE YOU UP」系のド・キャッチーなダンス・チューンを恥ずかしげもなくやっています!LATE80'Sダンス・シーンのキラキラした魅力!

    89年のJOSE FELICIANO!嬉し恥ずかしディスコ・ヒットRICK ASTLEY「NEVER GONNA GIVE YOU UP」系のド・キャッチーなダンス・チューンを恥ずかしげもなくやっています!フツーに考えれば「この曲はダサイ」ということは僕にも分かりますが、そんな分かり切った価値観をも突き抜けた、LATE80’Sダンス・シーンのキラキラした魅力を感じて頂けると嬉しいです。B面にはその名も「IBIZA」なるロッキン・スパニッシュ・インストを収録。オランダ・オリジナル盤!

    「NEVER GONNA CHANGE」


  • 7 / TONY SCOTT / GANGSTER BOOGIE 0

    ARTIST

    TITLE
    GANGSTER BOOGIE

    90年オランダ産ヒップ・ハウス!シカゴ・ハウスっぽい流麗な作りと「FUNKY DRUMMER」を使ったファンキー・ビートが融合!

    彼の地オランダで一人ミドルスクール・ヒップホップをやっていた男、TONY SCOTTの90年のヒップハウス・チューン!ハウスもヒップホップも境界がなかったミドル期特有、ピアノをメインとした軽快なハウス・ビートと、JB「FUNKY DRUMMER」を使ったファンキー・ビート、シカゴ・ハウスっぽいシンセが融合!RADIO EDIT、LP VERSIONを収録!オランダ・オリジナル盤!

    「LP VERSION」