DANCE Archive

  • 7 / TEN CITY / THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX) / (UNDERGROUND MIX) 0

    ARTIST

    TITLE
    THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX) / (UNDERGROUND MIX)

    初期シカゴ・ハウス・クラシック!イントロの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーな「(DEEP HOUSE MIX)」、こちらも古典であるTIMMY REGISFORDによる「(UNDERGROUND MIX)」ともに最高。

    初期シカゴ・ハウスの重要ヴォーカル・グループTEN CITY、こちらは彼らの代表曲の一つであるシカゴ・ハウス・クラシック!イントロでの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーで耳に残る、STEVE “SILK” HURLEYによる「(DEEP HOUSE MIX)」、こちらも古典であるTIMMY REGISFORDによる「(UNDERGROUND MIX)」ともに最高。どちらも7インチ・エディット。ジャケ付き7インチ!U.K.ORIGINAL盤!

    「(DEEP HOUSE MIX/EDITED VERSION)」/「(UNDERGROUND MIX/EDITED VERSION)」


  • 12 / WALLY JUMP JNR. & THE CRIMINAL ELEMENT. / TIGHTEN UP (I JUST CAN'T STOP DANCIN') / LIGHTEN UP 0

    ARTIST

    TITLE
    TIGHTEN UP (I JUST CAN'T STOP DANCIN') / LIGHTEN UP

    DJ MUROのエレクトロ・ミックス『ELECTRIC KINGDOM』の冒頭を飾った、ARCHIE BELL「I CAN'T STOP DANCING」&「TIGHTEN UP」のエレクトロ・カヴァー、「LIGHTEN UP」を収録!テンション上がらずにいられないパーティー・チューン!

    ARTHUR BAKERプロデュースのエレクトロ・クラシック!ARCHIE BELL「I CAN’T STOP DANCING」と「TIGHTEN UP」を一つの曲としてエレクトロ・カヴァー!DJ MUROのエレクトロ・ミックス『ELECTRIC KINGDOM』の冒頭を鮮やかに飾った、インスト・ダブ・ミックス「LIGHTEN UP」を収録!稲妻の如く轟くシンセ・サウンドに撃たれる、テンション上がらずにいられないパーティー・チューン!U.K.ORIGINAL盤!

    「LIGHTEN UP」/「TIGHTEN UP (I JUST CAN’T STOP DANCIN’)」


  • 12 / BUSH BOYS FEATURING DEBRALEE SMITH / WE'VE GOT THE LOVE 0

    ARTIST

    TITLE
    WE'VE GOT THE LOVE

    93年UKストリート・ソウル〜キャッチー・ヴォーカル・ガラージ・ハウス!ソウルフルな高揚感!

    90’S UKストリート・シーンから、マイナー・グループによるキャッチー・ヴォーカル・ハウス!ソウルフルでわかりやすく高揚感のある歌メロですが、滲み出るアンダーグラウンド感、手作り感のあるプロダクションが生々しくてカッコいいです。「(DUB MIX)」に特に黒いアンダーグラウンド感が顕著に出ているような。通常MIXに加え、さらにキラキラしたパーティー感の「(ALTERNATIVE DANCE MIX)」ともに最高。「(TWO STEP MIX)」含む計4MIXを収録。当時のリリース・シート付き、U.K.ORIGINAL盤!

    「WE’VE GOT THE LOVE」/「(ALTERNATIVE DANCE MIX)」/「(DUB MIX)」


  • 12 / RUSS BROWN / GOTTA FIND A WAY 0

    ARTIST

    TITLE
    GOTTA FIND A WAY

    チープなリズム・マシンと漆黒のグルーヴが渋いガラージ・クラシック/アーリー・ハウス!TEE SCOTTミックス&プロデュース!

    プレイに影響ない軽い盤そり有/ ガラージ・クラシックの初期ハウス!TEE SCOTTミックス&プロデュース、チープなリズム・マシンのビート上で漆黒のグルーヴが走る、多くのDJにプレイされたアンダーグラウンド・ディスコ・クラシック!「(VOCAL)」、「(RADIO EDIT)」、「(INSTRUMENTAL)」の3ミックスを収録!JUMP STREETカンパニースリーヴ付き、86年U.S.ORIGINAL盤!

    「(VOCAL)」


  • 12 / CHANELLE / IS IT GOOD ENOUGH 0

    ARTIST

    TITLE
    IS IT GOOD ENOUGH

    綺麗なメロウ・ブギー・ダンサー〜初期ハウス!ダビーに処理された「(CLUB MIX)」が特によい!

    PAUL SIMPSONプロデュースの初期ハウス!一応初期ハウスではあるんですが、綺麗なメロウ・ブギー・ダンサーという印象!ダビーに処理された「(CLUB MIX)」が特によいです!通常ミックス、「(RADIO VERSION)」、「(DUB REPRISE)」の計4ミックスを収録。プロモ、U.S.ORIGINAL盤!

    「(CLUB MIX)」/「(RADIO VERSION)」

    SOLD OUT


  • 12 / TEN CITY / THAT'S THE WAY LOVE IS (ACIEED MIX) / (UNDERGROUOND MIX) / DEVOTION 0

    ARTIST

    TITLE
    THAT'S THE WAY LOVE IS (ACIEED MIX) / (UNDERGROUOND MIX) / DEVOTION

    シカゴ・ハウス・クラシック!エモーショナル&ソウルフルな殿堂入りの名曲!

    表面的な細かいスレ見られますが概ねプレイOK/ 初期シカゴ・ハウスの重要ヴォーカル・グループTEN CITYが好きです。こちらは彼らの代表曲の一つである大シカゴ・ハウス・クラシック!STEVE “SILK” HURLEYによる「(ACIEED MIX)」、TIMMY REGISFORDによる「(UNDERGROUND MIX)」、共に殿堂入りの名曲です!ドイツ・オリジナル盤!

    「(ACIEED MIX)」/「(UNDERGROUND MIX)」

    SOLD OUT


  • 12 / PLAN 8 / UNDECIDED 0

    ARTIST

    TITLE
    UNDECIDED

    プロトタイプ・ハウスとしてカッコいい、85年オーストラリア産80'Sシンセ・ポップ!

    オーストラリア産80’Sシンセ・ポップ〜ニューウェーヴ!悩ましいメロディーが妖しくダークなムード、ダビーかつハウシーにミックスした「(EXTENDED MIX)」が、プロトタイプ・ハウスとしてカッコいいです!歌をメインにフィーチャーした「(SECOND MIX)」もよい!オーストラリア・オリジナル盤!

    「(EXTENDED MIX)」/「(SECOND MIX)」

    SOLD OUT


  • 12 / TEN CITY / THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX / UNDERGROUND MIX) 0

    ARTIST

    TITLE
    THAT'S THE WAY LOVE IS (DEEP HOUSE MIX / UNDERGROUND MIX)

    初期シカゴ・ハウス・クラシック!イントロの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーで耳に残る!プロモ盤!

    初期シカゴ・ハウスの重要ヴォーカル・グループTEN CITY、こちらは彼らの代表曲の一つであるシカゴ・ハウス・クラシック!イントロでの組み替えヴォーカル・フレーズがやたらキャッチーで耳に残る、STEVE “SILK” HURLEYによる「(DEEP HOUSE MIX/EXTENDED VERSION)」が最高です。こちらも古典であるTIMMY REGISFORDによる「(UNDERGROUND MIX/EXTENDED VERSION)」など、4ミックスを収録。プロモ盤。カンパニースリーヴ付き、U.S.ORIGINAL盤!

    「(DEEP HOUSE MIX/EXTENDED VERSION)」/「(UNDERGROUND MIX/EXTENDED VERSION)」

    SOLD OUT


  • 12 / JOSE FELICIANO / NEVER GONNA CHANGE / IBIZA 0

    ARTIST

    TITLE
    NEVER GONNA CHANGE / IBIZA

    RICK ASTLEY「NEVER GONNA GIVE YOU UP」系のド・キャッチーなダンス・チューンを恥ずかしげもなくやっています!LATE80'Sダンス・シーンのキラキラした魅力!

    89年のJOSE FELICIANO!嬉し恥ずかしディスコ・ヒットRICK ASTLEY「NEVER GONNA GIVE YOU UP」系のド・キャッチーなダンス・チューンを恥ずかしげもなくやっています!フツーに考えれば「この曲はダサイ」ということは僕にも分かりますが、そんな分かり切った価値観をも突き抜けた、LATE80’Sダンス・シーンのキラキラした魅力を感じて頂けると嬉しいです。B面にはその名も「IBIZA」なるロッキン・スパニッシュ・インストを収録。オランダ・オリジナル盤!

    「NEVER GONNA CHANGE」